平成29年5月
そろそろ新茶が出回る季節となりました。

皆様もコンビニで新茶のペットボトルを目にしたり、スーパーやデパートなどで、どこからか漂ってくるお茶のいい香りに思わず立ち止まったり、という経験があるのではないでしょうか。

新茶といえば、思い出すのが「八十八夜」。


この日に摘まれたお茶を飲むと縁起が良く長生きできると昔から言われてきました。

「縁起が良い」とは末広がりで幸運を呼ぶとされてきた「八」の字が二つ重なっているからだそうです。
また、お茶の葉は寒い時期に養分を蓄え、春になり芽を出し始めます。このため、先に芽吹いた茶葉を収穫し作った新茶は、その後に摘まれる茶葉より栄養価やうまみ成分が多く含まれており、健康にも良いそうです。これが長生きできるとの謂れだとか。

昔の方々は経験的にそれを知っていたのかもしれませんね。

いつもはあまり日本茶を召し上がる機会のない方もこの時期だけは丁寧に淹れたお茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。
全 103件  [編集]
さくらクリニック